温泉で心も身体もリフレッシュ!至福のひと時を堪能しよう|Cheap Flights

温泉地で癒やされよう

日々の疲れは、旅行の際に癒やしたいものですよね。特にアクセスのいい神奈川には、箱根温泉を始め様々な温泉地があります。また、温泉地だけではなく、観光地の中に温泉や温泉以外をより楽しめるスパなども存在しています。日常の嫌なことは是非、温泉で忘れてしまいましょう。では、皆さんが温泉施設を選ぶポイントはどこでしょうか。

温泉を選ぶポイント

no.1

清潔感

1位になったのは清潔感。やはり温泉は直に浸かる事になりますから、浴場や湯の清潔感を重視すると答えた方は多かったです。中には、口コミで確認するという方も。

no.2

料理の美味しさ

次に多かったのは料理の美味しさ。温泉宿はもちろん、スパにも料理を提供している場所があります。温泉に浸かって疲れを癒やした後は料理を楽しみたい方が多いため、2位となりました。

no.3

景色の良さ

最後は景色の良さ。温泉から見える景色は良いほうがもちろんテンションも上がるものですよね。答えた方は多かったですが、清潔感や料理の美味しさよりは出なかった為、3位となりました。

行ってみたくなる良い湯

旅館

ほっこり温泉って、いいものですが、神奈川には非常に多くの温泉地があり驚かされることがあります。一番名前の知られている温泉地の代表としては、箱根があげられるでしょうか。箱根の温泉は、それこそものすごい数の温泉地があるので、全部入湯するのは至難の業かもしれません。宮ノ下、強羅、小涌谷、姥子などが名前の知られているところでしょう。しかし実際には底倉、木賀、湯ノ花沢といったところもあり、非常に通うのが楽しい場所でもあります。日帰りで入浴できる施設もあるため、気軽に利用できるのも魅力です。また、観光地で人気の江の島にも、若い人に注目されているところがあります。江の島アイランドスパです。地下1500mから汲み上げた湯と、オシャレな雰囲気が多くの人から支持を集めています。

入湯する時気を付けること

温泉

神奈川の温泉地を訪れるときには、必ずお風呂グッズを持っていくようにしましょう。温泉地の中には、タオル等を販売しているところもなかにはあります。しかし、共同浴場などを利用する場合には、入浴グッズの販売がない場合も考えられます。せっかくのいい湯を満喫するためにも、自分のお気に入りのバスタオルや、シャンプーリンスを持っていくのがおすすめです。神奈川の温泉には、強アルカリ性や単純温泉、塩化物泉や硫酸塩泉、硫黄泉など場所によって様々です。事前に泉質について調べてから入ることで、より気に入った湯を見つけられるかもしれません。

のんびりと過ごす方法

女性たち

神奈川の温泉地の近くには、温泉宿が並んでいます。やはりのんびりと良質なお湯を楽しむためには、宿に宿泊してゆっくり過ごすのが良いでしょう。宿の風呂も外の景色が見られるような作りをしているところもあります。季節の移り変わりを楽しめるような露天風呂もいいものです。また、日常生活や仕事のことを忘れる時間としても、温泉を利用してみましょう。日常から少し離れて、心からあったまる体験ができるので、疲れが言えることを実感できるはずです。

広告募集中